标日语法笔记——初级(上一)

  •  名です
    意:
    例:私は 中国人です。

  •  名では ありません
    意:不是
    例:わたし 日本人では ありません。

  •  名ですか
    意:吗?
    例:あなた 中国人ですか

  • 誰(だれ)ですか/何ですか
    意:~是谁/什么?
    例:それは 何ですか。

  • 名は どこですか
    意:~在哪里?
    例:トイレは どこですか。

  •  名です
    意:も代表“也”
    例:あなた 中国人ですか。

  • 名は いくらですか
    意:~多少钱?
    例:これは いくらですか。

  • 名【场所】に 名【物/人】が あります/います
    意:
    例:部屋に 机が あります
      小園に 猫が います

  • 名【物/人】は  名【场所】に あります/います
    意:
    例:いすは 部屋に あります
      吉田さんは 庭に います

  •  名【并列】
    意:相当于“和”
    例:時計 眼鏡

  • 疑问词 + + 动(否定)
    意:表示全面否定
    例:冷蔵庫に 何 ありません。

  • 动ます动ません
    动ました动ませんでした
    意:现在(将来)的动作/否定
      过去的动作/过去否定
    例:私は 昨日 はたらきませんでした

  • 名【时间】 动
    意:表示动作发生的时间,要在表示时间的名词后面+に
    例:私は 7時 起きます。

  • いつ 动ますか
    意:什么时候做XX
    例:試験は いつから 始まりますか。

  • 【对比】
    意:表示对比的时候,は发音略重
    例:小野さんは 昨日 休みます。

  • 名【场所】 动
    意:表示移动的目的地
    例:吉田さんは 会社 行きます。

  • 名【场所】から 动
    意:表示移动的起点
    例:李さんは 先月 北京から 来ました。

  • 名【交通工具】 动
    意:交通工具的助词用で
    例:李さんは 歩いて 会社へ 行きます
      上海へ 飛行機 行きます。

  •  动
    意:动词的对象助词用を
    例:李さんは 毎日 新聞 読みます。

  • 名【场所】 动
    意:动作的场所用助词で表示,区别于存在的に
    例:李さんは 会社 働きます。

  •  名
    意:对若干名词进行选择,相当于“或者”
    例:私は 毎朝 パン お粥を 食べます。

  • を ください
    意:买东西或者点菜时使用
    例:この 本を ください

  • 名【工具】 动
    意:表示手段或者原材料
    例:新聞紙 紙飛行機を 作ります。

  • 名1【人】 名2【人】 名3【物】を あげます
    意:相当于汉语的“给”
    例:李さん 小野さん お土産を あげます

  • 名1【人】 名2【人】 名3【物】 もらいます
    意:相当于汉语的“得到”、“接受”
    例:私 小野さん 写真 もらいました

  • 名【人】に 会います
    意:和~见面,助词用
    例:李さんは 明日 中島さんに 会います

  •  一类形です
    意:日语的形容词分两类,一类形容词以“い”结尾,作谓语是要在后面加“です”
    例:この お茶 熱いです

  • 一类形 作谓语时的否定形式
    意:“い”“く”再加上“ないです”或者“ありません”
    例:この スープは 熱く ないです

  • 一类形 作谓语时的过去形式
    意:“い”“かった”再加上“です”
    例:旅行は 楽し かったです

  • 一类形 作谓语时的过去否定形式
    意:“い”“く”再加上“なかったです”或者“ありませんでした”
    例:昨日は 寒く なかったです

  • 一类形+名
    意:一类形容词可以直接修饰名词
    例:広い 国

  • “を”-->“は”
    意:名词在用作对比或是作为话题时,“を”去掉,用“は”
    例:この本 李さんに もらいました。

  • あまり 一类形/动(否定)
    意:“あまり”与后面的否定相呼应,表示程度不太高。
    例:試験は あまり 難しいです。

  • 常用的一类形容词
    新(あたら)しい
    古(ふる)い
    熱(あつ)い
    冷(つめ)たい
    高(たか)い
    低(ひく)い
    暑(あつ)い
    寒(さむ)い
    安(やす)い
    多(おお)い
    少(すく)ない
    難(むずか)しい
    易(やさ)しい
    大(おお)きい
    小(ちい)さい
    遠(とお)い
    近(ちか)い
    いい
    悪(わる)い
    楽(たの)しい
    広(ひろ)い
    狭(せま)い
    辛(から)い
    塩(しお)辛い
    酸(す)っぱい
    苦(にが)い
    おいしい
    まずい
    面白(おもしろ)い
    つまらない
    忙(いそが)しい
    素晴(すば)らしい
    青(あお)い
    白(しろ)い

  •   二类形です/でした
    意:二类形容词是不以“い”结尾的形容词,做谓语时,要在后面加“です”,过去形式是“でした”。
    例:京都の 紅葉 有名です
      この 通り 静かです

  •  二类形では ありません/では ありませんでした
    意:二类形容词作谓语时的否定形式是“二类形容词+では ありません”。过去形式的否定形式是“では ありませんでした”。在日语里“では”一般说成“じゃ”
    例:この 通りは にぎやかでは ありません
      昨日は 暇じゃ ありませんでした

  •  二类形 名です
    意:二类形容词修饰名词时,用“二类形容词+な+名词”的形式。
    例:奈良 静かな 町です

  • でした
    意:名词作谓语时的过去形式是“名词+でした”,否定形式是“名词+では(じゃ)ありませんでした”
    例:昨日 日曜日でした
      おとといは 休みでは ありませんでした

  • どんな 名
    意:询问人或事物的性质时,用“どんな+名”,相当于汉语中的“怎样的”
    例:横浜は どんな 町ですか。

  • どうですか
    意:询问对方的意见
    例:お茶 どうですか

  • でもそして
    意:“でも”是转折,“そして”是并列
    例:わたしの部屋は 狭いです。でも,きれいです。
      わたしの部屋は 狭いです。そして,汚(きたな)いです。

  • 常用的二类形容词
    好き
    嫌い
    にぎやか
    静か
    便利
    不便
    きれい
    元気
    簡単

    有名

  • 名1 名2 一类形/二类形です
    意:用于表达感情,名1是感情的主体,名2是感情的对象。
    例:小野さん 歌 好きです

  • 名1 名2 分かります/できます
    意:表达“能力”
    例:小野さん 料理 上手です

  •  名
    意:都表示“和”一般列举,只举两个例子。
    例:吉田さん 時々 中国 韓国へ 行きます。

  • “~から”“だから”【原因、理由】
    意:说明原因时的助词
    例:寒いですから お酒が 好きですから,毎日 飲みさす。

  • 表示频率的副词:
    いつも
    よく
    時々
    偶(たま)に
    あまり~ません
    全然~ません

  • どうしてですか
    意:询问原因,相当于“为什么”。回答时谓语后加“から”

  • 名1 名2より 一类形/二类形です
    意:名1 名2 ~
    例:中国 日本より 広いです。

  • 名1より 名2の ほうが 一类形/二类形です
    意:相比 名1 , 名2 ~
    例:日本より,中国の ほうが 広いです。

  • 名1 名2ほど 一类形く ないです/二类形では ありません
    意:名1 名2 更不~
    例:東京の冬 北京の冬ほど 寒く ないです

  • 名1の中で 名2 一番(いちばん) 一类形/二类形です
    意:
    例:日本料理の中で 寿司 いちばん おいしいです。

  • 名1 名2 どちらが 一类形/二类形ですか
    意:询问两个事物中哪种更具有某个性质的时候使用。“どちら”是二者选一时使用的疑问词,回答时使用“~の ほうが...”,如果程度相当,回答“どちらも ~です”“どちら”在口语中说成“どっち”
    例:コーヒー 紅茶 どっちらが 好きですか。
      どちらも いいです。

  • どの 名/いつ/どれ/だれ/何が いちばん 一类形/二类形ですか
    意:哪个“最”~
    例:この 中で どの 料理が いちばん おいしいですか。

推荐阅读更多精彩内容