日语论文翻译-日本風の調理

要旨:日本料理という文字は日本語では「日本風の調理」という意味をしているが、現在中国の多くの場所では、通常、日本のおかずとして扱っているのである。日本料理と言ったら、ほとんどの人は刺身、寿司、すき焼き鍋などが想像される。大部分の人の考えでは、日本のおかずはデザインが素敵で、ボリュームが小さく細工の良い芸術品を代表している。しかし、現在の日本飲食はもう「日本風」の料理だけではなく、様々な西洋料理を融合した和え物である。日本の伝統的な料理はある程度上、外来飲食のカルチャーショックを受けた。

はじめに

日本は外来文化の吸収が上手な国家であり、特に飲食文化においてこの特徴を極意まで表現され、融合の特徴を体言している。日本民族は西洋飲食を利用して現代のペースの速いライフスタイルに応じている同時に、伝統的な飲食文化も保ち、反省を行っている本文は外来飲食と伝統的な料理の関係を検討して、日本飲食のユニークな魅力を深く分析する。

一、日本料理と外来料理

日本は海に囲まれた島国で、国内の試験が比較的に不足であるため、つねにその目を全世界まで広げて、他国文化のメリットを融合することで、自分の不足を補足するのが上手である。これは飲食においても縄文時代の狩猟や釣りから弥生時代の農業まで、仏文化の伝来による「精進料理」から平安時代の「本膳料理」まで、鎌倉武家の「懐石料理」から江戸時代の「普茶料理」まで、随分長い歴史を迎えてきた。

日本は数千年にわたって外来の飲食文化に情熱を持ち、いままっで日本の各料理店やデパートでも、各国家と地区からの様々な食物が見られる。素敵なヨーロッパ風のデザートからラーメン屋まで、四川料理のマーボー豆腐からイタリアのパスターまで、「天ぷら」から「すき焼き」、スターバックス、マクドナルドから東南アジアの各国軽食まで、あるだけのものを持っていると言える。日本は自分ならではの飲食文化を残しているだけでなく、世界各国の飲食文化をつねに吸収していることで、自国料理の魅力を発揚している。

外来飲食は明治維新以降と戦後から、日本に本当的な飲食文化のショックをもたらした。特に、戦後資本主義の日本文化への継続的な影響に伴い、外来飲食も徐々に日本で人気を鳥、きわめて大きな発展を遂げた。経済の発展によって、このような高栄養、高脂肪を主にした外来飲食は政府、学校などの公共機関の注目を集め、日本人の国民体質の改善に利用することによって、日本人の身長が明らかに成長するようになった。

しかし、このような外来飲食は、高度発達な資本主義によって高度の専門的な分業が必要で、人々が量の多少に注目をしているが、その一方、伝統的な調理のスキル、専門性、火加減を軽視されるとともに、人々も、飲食とはスキルや芸術ではなく、任務だけに過ぎないという概念を受け入れるようになった。同時に、規模の拡大によって、原材料はかならずより安いものを利用しなければならないので、客観的には外来食品の輸入を促進している。

二、日本人への影響

このように過分な量産を重要している外来飲食でこそ、日本人に一連の問題をもたらした。例えば、過剰な脂肪摂取で、栄養素の過剰になった。子供及び学生で、肥満者が増加し続けたり、大人の体力が低下し、精力が不足だったりする。特に大事なことに、このような飲食では、過程中には継承し難く、飲食文化、調理スキル、食卓マナーなど、家庭感情の増進に役立つ絆もなくなった。

客観的には外来飲食はたしかに日本人の身長を高めたり、体質の強化したりするのに役立ち、日本人の体に以前ないほどの飛躍的な変化を漏らしたが、同時に、その不利な影響もほかの方面に現れてきた。経済上、工業化の生産を重要視するため、飲食企業はより外来の安い原材料を仕入れることで、利益を拡大して、日本の海外製品への依存症がつねに拡大され、自給率が低下し続け、将来の経済発展に不利な要素がある。国外の生産を過度に依存しては、国内農産品の価格が低下し、農民の収入が減少し、第一産業がとても不利な状態に落ち込むに間違いない。思想の行為において、外来文化の普及によって、支払いで食品をもらうという等量交換の価値によって、サービスされた人からサービスへの感謝の気持ちが減少され、これは日本人の思想上における自然の品物への感恩する意識とは反対して、理念上に日本人に大きな影響をもたらした。

三、日本料理と外来料理の関係への深い検討

戦前、明治維新はもし西洋への表面化の模倣であるというなら、戦後のこのような飲食文化は深刻なもので、人々の思想に入った改革であると言える。戦後、飲食文化は数も品質も、内容も形式も、精神も物質も全体的な消費環境の変化による影響で、生活変化に制約されている。

戦後、日本ではアメリカをはじめとした欧米の飲食文化は、終始して明治維新の時期とは異なり、はじめから明確な目標を持ち、西洋式の変化過程も政府計画による青写真が達成している過程でもあり、すなわち日本が徐々に資本主義の強国へ進めている過程でもある。このような大量生産、大量消費をした量産段階では、外来飲食文化は均一化の特徴を占めているが、個性化、多様化の段階において、様々な料理を融合した特徴を占めている。この両者を一つとしたのは、日本飲食文化の特徴となった。日本はすでに現在世界でもっとも広く外来飲食文化を受け止めた国家である。

その中で日本政府の役割は我々の深い思考を引き起こすべきで、社会的心理、消費意識を促進する方面でその役割が軽視できないものである。外来飲食で現れた様々な問題には、日本政府は『食育基本法』を導入して、世界範囲ではじめて法律の形式で飲食啓蒙教育を規定にした。法律を通じて「食」に関する国民の消費方式と心理を育成して、健康的な飲食生活を達成して、豊かな飲食文化を継承して発展して、食糧の自給率の向上を推進するようなことを図ったと指摘した。中国では飲食方面の立法は長期かつ有効のシステム管理が欠如で、経済の急速な成長に伴い、日本に類似な問題が徐々に現れて、全世界の範囲で中国現在の飲食文化を反省して、日本の『食育基本法』という形を参考にすべきである。

日语论文翻译

�@��Yerp�s�s

推荐阅读更多精彩内容

  • 陽の光 闇の月 陽も月も異なれど、同じように地上を照らす。けれど、両者は決してまみえることはない。陽が輝くとき月は...
    波沙诺瓦阅读 1,246评论 0 5
  • 1.暗闇より夜魔来たる-1あなたはきっとこんな私をお許しにはならないでしょう…ですが、私はあなたを守る以外の何かを...
    波沙诺瓦阅读 2,200评论 0 5
  • 天国への階段 白薔薇はその葉を噛んでも白薔薇の香ひがする。 その香ひは枝にも根にも創られてゐる。 花とはじめて香ひ...
    波沙诺瓦阅读 1,572评论 0 3
  • 1.暗闇より夜魔来たる-1あなたはきっとこんな私をお許しにはならないでしょう…ですが、私はあなたを守る以外の何かを...
    波沙诺瓦阅读 1,242评论 1 2
  • 不知道我本是个自私的人,还是从某天起,我渐渐变得自私了,爱别人变成了我的负担,也变成了我再也完成不了的任务。 孤独...
    tommy_会不会有天也忘记阅读 105评论 0 0